被災地復興のための素敵な活動を皆さんで書き込みましょう。旅館が行っている「炊き出し」「風呂開放」「被災者受入」などから、旅館と関係ない活動までOKです。

2011年5月アーカイブ

DSC_6950.jpg

 

DSC_6951.jpg

 

宮城の地方新聞、河北新報の発行するフリーペーパー

「河北ウイークリーせんだい」に旅館サポーター制度のことが掲載されました。

 

「未来の宿泊に今払う」。このプロジェクトは旅館の宿泊費の一部を前払いする仕組み。上記HPに掲載されている旅館の口座に1口5000円の支援金を振り込む(手数料自己負担)と、旅館から「サポーター前払い証書」が届く。証書はサポーターになった宿で2014年3月11日(火)まで金券として使える。東日本大震災により多くの宿泊施設が建物や設備に被害を受けただけでなく、自粛ムードから利用客が減ったことで深刻な経営状況にある。「必ず泊まりに行くよ」といった気持ちが宿泊施設の支えになる。サポーターの事情で宿泊できなかった場合は全額寄付、宿が廃業・営業譲渡した場合、証書は失効のリスクを了解の上、登録を。支援したい旅館も募集中。詳細はHPで。 

 

 

 

みなさんどうか旅館サポーター制度をよろしくお願いします!

サポーターのみなさんはサポートする気満々で、

「もっとたくさん宿を載せて!」と頻繁に要望をいただいているのです。

サポーターを希望する宿泊施設様からの登録も募集していますので、支援したい宿が載っていない場合は、「旅館サポーター制度」のことをサポーター様から旅館へご連絡してみてください。また、私どもにもその旅館のことを教えてください。


bn_support01.gif

 

旅館サポーター制度 「種」プロジェクト>>

宿泊施設様登録はこちら>>

 

震災以降、東北の旅館をサポートするサイトを紹介しているのSkywalkerさんがブログで種プロジェクトを応援してくれています。

 

Travel Lab|旅館サポーター制度「種」>>

BLOG_LAB.JPG

 

せっかくブログなどで紹介いただいていたのに事務局が見つけきれずに失礼してしまっている場合もあると思います。そんなときはどうか情報をお寄せください。

info◎save-ryokan.com

(◎を@に変えてお送りください。)

Jazzのサックス奏者で温泉好きなhi_saxさんこと西田寛(Sax)さんがブログで種プロジェクトを応援してくれています。

 

さっくす徒然草|旅館復興サポーター制度『種』>>

BLOG_SAX.JPG

 

せっかくブログなどで紹介いただいていたのに事務局が見つけきれずに失礼してしまっている場合もあると思います。そんなときはどうか情報をお寄せください。

info◎save-ryokan.com

(◎を@に変えてお送りください。)

東北の復興状況を、温泉好きのぽちさんが伝えています。

0cd0d8ff78c80180641ff2a73345437a.jpg

地震・津波・原発・風評被害というような
目に見えやすい影響は東北・北関東の宿に起こっていて、もちろん影響は大きいのですが、
「宿泊者減」という現象は全国的に起こっているようです。
伊豆・箱根もそうですし、九州のほうにまで少なくない影響があります。

消費減退というか「旅行って気分じゃななぁ」というムードが日本全体を包んでいるのかもしれません。

種プロジェクトで宿泊施設への参加呼びかけを積極的に行うのは東北・北関東の地域からですが、
施設の参加登録は全国から受け付けたいと思っています。
また東北に限らず、全国のお宿に泊まって素晴らしい経験をしてください。

温泉ソムリエマスターのmasumiさんがブログで種プロジェクトを応援してくれています。

 

** Season's Greetings ** 季節のご挨拶|旅館復興サポーター制度『種(たね)』 >>

BLOG_SEASONS.JPG

 

せっかくブログなどで紹介いただいていたのに事務局が見つけきれずに失礼してしまっている場合もあると思います。そんなときはどうか情報をお寄せください。

info◎save-ryokan.com

(◎を@に変えてお送りください。)

東日本大震災後、主に沿岸部での復興活動に奔走中のぽちさんがブログで種プロジェクトを応援してくれています。

 

づれづれ草|被災旅館復興サポーター制度 『 種(たね)』 >>

BLOG_DUREDURE.JPG

 

せっかくブログなどで紹介いただいていたのに事務局が見つけきれずに失礼してしまっている場合もあると思います。そんなときはどうか情報をお寄せください。

info◎save-ryokan.com

(◎を@に変えてお送りください。)

 

石巻・小竹浜の復興の様子を写真と共に記したブログがこちらです。

小竹浜ブログ>>

このサイトが多くの宿泊施設さんのため、日本の文化のために役に立てるためには、まずこの制度を必要とする旅館・民宿・ペンションがここに掲載されることがその一歩です。


「自分はこの件について力になりたい」

という方、こんな行動の仕方があります。

たとえば

  • 自分のお気に入りの旅館・民宿・ペンションにこの制度を知らせて、参加を呼びかける
などなど

避難所に温泉をデリバリーするなど被災者支援に積極的な活動を続けている峩々温泉の六代目竹内さんがブログで種プロジェクトを応援してくれています。

 

峩々温泉 六代目のひとりごと|タビエルの宿 ブログに掲載されました>>

BLOG_GAGA01.JPG

 

せっかくブログなどで紹介いただいていたのに事務局が見つけきれずに失礼してしまっている場合もあると思います。そんなときはどうか情報をお寄せください。

info◎save-ryokan.com

(◎を@に変えてお送りください。)

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。