被災地復興のための素敵な活動を皆さんで書き込みましょう。旅館が行っている「炊き出し」「風呂開放」「被災者受入」などから、旅館と関係ない活動までOKです。

自分も力になりたいという方へ

このサイトが多くの宿泊施設さんのため、日本の文化のために役に立てるためには、まずこの制度を必要とする旅館・民宿・ペンションがここに掲載されることがその一歩です。


「自分はこの件について力になりたい」

という方、こんな行動の仕方があります。

たとえば

  • 自分のお気に入りの旅館・民宿・ペンションにこの制度を知らせて、参加を呼びかける
などなど

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://save-ryokan.net/mt/mt-tb.cgi/121

コメントする

このブログ記事について

このページは、「種」プロジェクトが2011年5月11日 09:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「峩々温泉 六代目のひとりごと|タビエルの宿 ブログに掲載されました」です。

次のブログ記事は「石巻・小竹浜の復興の様子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。