被災地復興のための素敵な活動を皆さんで書き込みましょう。旅館が行っている「炊き出し」「風呂開放」「被災者受入」などから、旅館と関係ない活動までOKです。

井門観光研究所|タビエルの丹羽さんがボランティアで

ニッポンの観光をイノベートする「ヒト・宿・地域」の応援団としてメディアでも活躍の多い井門観光研究所の井門さんがfacebookで種プロジェクトを応援してくれています。

 

井門観光研究所|タビエルの丹羽さんがボランティアで >>

FACE_IKADO.JPG

 

せっかくブログなどで紹介いただいていたのに事務局が見つけきれずに失礼してしまっている場合もあると思います。そんなときはどうか情報をお寄せください。

info◎save-ryokan.com

(◎を@に変えてお送りください。)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://save-ryokan.net/mt/mt-tb.cgi/142

コメントする

このブログ記事について

このページは、「種」プロジェクトが2011年6月 5日 17:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「旅館は"復興の基点"」です。

次のブログ記事は「旅館サポーター制度 ラジオで紹介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。