1.下の旅館のリストからリストから、サポーターになりたい宿を選び、旅館名をクリックしてください。 2.「この旅館のサポーターになる」をクリック。フォームから申請してください。

【宮城】鳴子温泉郷 川渡温泉 山ふところの宿みやま

| コメント(46)

- 通常営業でがんばってます! -

DSC_6287.jpg

(褐色の温泉もこのとおり大丈夫でした。浴室には温泉マニア垂涎の油臭。)

震度6、強烈な揺れでした。沿岸部のような大惨事に比べれば「軽症」とはいうものの、旅館のお風呂場の窓、客室トイレ、館内暖房設備、カベ、客室照明器具などの破損があり、余震がおさまるのを待って修繕工事に入る予定です。もちろん、ご予約はほとんど取り消し状態が続いています(2011年4月20日時点)・・・(続きもお読みください)

 

DSC_6281.NEF.jpg 

山ふところの宿みやまからサポーターの皆様へ

今回の試みから、お客様と宿屋との間に更なる信頼関係や、これからの日本の旅、温泉宿の役割を共に考え、共に育て合う関係がより強くなれればいいですね。
一過性のものにしたくない、「思い」の共有から生まれたものですから・・・。
この度の呼びかけに感謝、感激です。

 

山ふところの宿みやま 公式HP >>

大崎市鳴子温泉字要害91

     



     

    4月26日 山ふところの宿みやまのご主人 板垣さんにお会いしてきました。

    これからの、お客さんと宿の新しい関係について2時間以上、話に花が咲きました。



    7月に山ふところの宿みやまのご主人 板垣さんからメッセージを頂いていました。

     この度は旅館支援サポーター制度「種」で、当館をご支援いただき厚く御礼申し上げます。

    あの大震災から3ヶ月、さまざまな分野で「復興」へむけた動きが活発化してきました。今、多くの皆様が東北へ気持ちを向け始めてくれていることに感謝しております。当館も修復工事は残っているものの、通常の営業を始めております。

    食べ物を生産する人は、食べていただく方々の笑顔を励みに仕事に汗を流します。旅先での宿泊業にかかわる私たちは、それぞれの地域ならではの色、味、香り...、そして人とのふれあいを求めて足を運んでいただく方がいることを心の支えに目々の営みを続けています。

    今回のサポーター制度は、そんなお客様と宿屋との信頼関係を築かせていただく貴重な「種」を蒔いてくれました。
    この度のあたたかなお気持ちに重ねて感謝申し上げますとともに、ご来館を心よりお待ちしております。


    平成23年7月吉目

    山ふところの宿みやま館主板垣幸寿

     

    私たちサポーターはこの宿を応援し、泊まりに行く日を心待ちにしています。

    コメント(46)

    山ふところの宿みやま様

    タビエルさんのサイトを見て、一度母と祖母を連れていってみたい宿として心に刻んでおりました。
    修繕工事等、まだ大変なこともたくさんあると思いますが、
    微力ながら応援させて頂きます。

    今度、二人を連れて伺います!

    以前宿泊させていただいたときに散策した里山の風情が最高でした。そしてお湯も。絶対再訪します。

    温泉に影響はあまりなかったご様子ですが、よかったでしたね。あのお湯が健在ならば、お客さんはまた戻ってきますよ。

    鳴子を愛しています。いつも被災した人たちのことを考えています。蔵王や作並や山のほうから海のほうを支えていくことができたらと思っています。

    こちらのページで、かわらぬご主人とあの紅茶色のお湯を拝見することができてほっとしました。
    また、ひとりでぼんやりしに出かけます(実際には、わくわくしたり、舌鼓をうつうちに満腹で動けなくなったり、どしゃぶりに遭ったり、なかなかぼんやりしてられないけれど)。
    ささやかですが、応援の気持ちをこめた種を蒔きますね。

    また鳴子の温泉に浸かれる日を心待ちにしております。
    一日でも早く、宮城の皆さんに笑顔が戻りますようお祈りいたします。

    心が疲れた時、無性に「みやま」さんに行きたくなりあの変わらぬ宿の佇まいに何度救われてきたことか・・・
    今回このプロジェクトを知り、私たちの「みやま」さんへの思いを形にする機会を設けていただいたことに、心から感謝します。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    かんこ様、私どもにまで温かいコメントをありがとうございます。

    一昨年・昨年と2年連続で旧館に連泊させて頂きました。
    温泉に浸かった後にラウンジで外を眺めながら過ごす時や昼食に出掛けて近所を散歩する長閑な時間。
    普段は時間に追われる慌ただしい日々から解放される素晴らしい日々を過ごす事が出来ました。

    今年も数日休みを作って湯治で御世話になろうと決めています。みやまさんへ行く日を楽しみにしています。

    いつもみやまさんの風呂で長湯して、時にはうたた寝までしていました。
    浴室の金山杉と湯のいい香りに包まれる日を心待ちにしております。

    川べりの桜並木と菜の花畑、
    お世話になったあの春の日を思い出します。

    必ず、また行きます!
    お会いできる日を楽しみにしています。

    まちがってたらごめんなさい。ぽちさんはもしかして、
    つれづれ草 http://blog.goo.ne.jp/lonewolf-pochi
    のぽちさんでしょうか?とても素敵な活動です。こちらからリンクいたしました。
    http://save-ryokan.net/blog/2011/05/post-6.html

    建物、お湯、ご主人のもてなしぶり等々、あのゆるりとした時間を思い出し、「もう一度行きたいね」とつい最近も主人と話していたところです。
    とにかくご無事で何よりでした。ぜひまた伺いたいと思います。

    何か地元宮城の復興支援としてできることがないかと探していたところ、旅館復興サポーター制度「種」を見つけました。宿みやまさんには、以前、丸の内朝大学のイベントで鳴子に種まきに行った時にお世話になりましたので、サポータ登録させていただこうかと思いました。

    鳴子温泉、大好きです!
    鳴子のなかでもずっと気になっていたお宿が、みやまさん。。
    近いうちにお邪魔したいと思いますのでサポーター協力させていただきます☆

    丸の内朝大学温泉クラス3期生と、2010秋クラスの有志グループです。3期生が2009年に鳴子に伺った時はご主人に畑と素敵なお宿の中を見学させていただきました。1年後輩の秋クラスはまだ鳴子温泉郷を知らず、卒業旅行で鳴子に向かう1日前に震災が起こりました。3期生にとっては里帰り旅行、秋クラスにとっては幻の卒業旅行・・早く実現させたいけどまだ皆の都合がつきません。でも「いつか必ず」の気持をこめて、サポーター登録させていただきます。
    皆で伺うその時はどうぞ宜しくお願いします。

    (コメント準備中)

    (コメント準備中)

    丹羽さんの意思に賛同して「種」送ります。

    >ぽちさんはもしかして、
    つれづれ草 http://blog.goo.ne.jp/lonewolf-pochi
    のぽちさんでしょうか?

    (ご本人に代わりましてわたくしが…)
    そのとおりです^^

    私が鳴子に行くときにはいつもお世話になっている湯友です。
    自らも被災されてるにも関わらず、
    現在は石巻を中心に復興支援に携わってらっしゃいます。。
    また近いうちにお会いしにいかないと…!

    masumiさん、いつも応援ありがとうございます!やはりつれづれ草のぽちさんでしたね。情報ありがとうございます~。

    大変ご無沙汰しております。
    3/11の大震災当時にはまだ中国におりましたが、4月初めに日本に帰任しました。
    現在山口県下関市の食品工場に勤務しており、被災した東日本の分を補い少しでも復興のお役に立てればと日夜生産に励んでおります。
    これまで何度もお世話になった「みやま」さんの復興にも微力ながら是非協力させていただきたいと思います。
    今は仕事が忙しくてしばらく伺えそうにありませんが、落ち着いたら是非また伺ってのんびりさせていただくのを、家族共々楽しみにしております。
    大変でしょうが頑張って下さい。
    陰ながら応援しております。

    いい温泉ですね。
    近いうちに伺いたいです。

    板垣さん、ご無沙汰しております。
     ネットを見ていたら、たまたまこのサポーター制度を見つけ、みやまさんが被害を受けられたことを知り驚いています。
     もう4年くらい前になりますでしょうか。あのとき、ご好意で気持ちよく泊めていたただいたこと、とても豊かなすてきな時間をいただいたこと、張っていた心にお湯と板垣さんの心のこもったおもてなしがすーっとしみてきたことを今も忘れられません。
     今回はほんの少しですがお礼と恩返しと応援の気持ちをこめて、サポーター登録させていただきます。
     すてきな空間がはやく戻りますように。

    ご無沙汰しております。
    柔らかくあたたかいお湯と季節を豊かに感じる手作りの食事、そして静かなふるさとの風景をもつみやまさん。「『思い』の共有」したくて、『 種 たね』に登録させて頂きます。
    今は忙しくて伺えませんが夏休みに伺います。

    こんにちは!お返事遅れて申し訳ありません、ぽちです。
    masumiさん、ありがとうございました(^^;
    鳴子温泉が大好きで度々訪れていたのですが、今は沿岸部の復興活動優先なので、以前のように頻繁に行く事は出来なくなりました。

    しかし、この『種』は、こういった状況下にあるサポーター側にとっても「絶対時間やりくりして泊まるぞ!」という励みにもなるんですよね。
    旅館と我々サポーター、お互いに心の支えになっていると思います。

    ブログですが、つれづれという風流なタイトルでは無く
    づれづれ草です(笑)。
    http://blog.goo.ne.jp/lonewolf-pochi

    > 旅館と我々サポーター、お互いに心の支えになっていると思います。

    そうおっしゃっていただけて、とってもうれしいです!
    そしてサポーターが泊まりに行くことは、まわりまわって旅館を起点にした地域復興につながると思うんです。

    ぽちさんの活動、素晴らしいです!
    あ~ホントですね、づれづれでしたか~(笑)

    こんにちは。3月終わりに宿泊するはずだったのですが、残念ながら今回の地震で一度キャンセルしてしまいました。
    とても楽しみにしていたので、改めて12月に予約をとりなおしました!
    だいぶ先の宿泊になりますが、冬にみやまの皆さんに会いに行きます!!
    修復工事など大変かと思いますが、お体に気をつけてお過ごしください。
    お会いできるのを楽しみにしています!

    いつも大変お世話になっております。
    震災後、私もキャンセル続きで落ち込みました。
    その時に母と“みやま”に行こうかと話していましたが、踏ん張って仕事をしました。

    お湯とおいしいご飯を楽しみにして、もうひと踏ん張りがんばります。

    (コメント準備中)

    板垣さんには、この種プロジェクトのことでたくさんたくさん相談にのっていただき、とっても感謝しています!秋ごろ、黄金にゆれる田園風景を眺めながらのんびりと過ごしたいな。実はみやまの最大の癒しと言われているお母さまにもあってみたいです。

    昨年宿泊させていただいた時の感謝の気持ちとして、わずかですがお役に立てていただければと思います。

    今年の秋の会社の旅行会は鳴子に…という話になっています。でも、みやまへの宿泊は人数的に(金額的にも?)無理なので、これはこれでまた機会をつくって個人で行きます。また、母も連れて行こうかなあ。そのときは、よろしくお願いいたします!

    少しでも力になれればと思っています。
    お伺いできる日を楽しみにしています。

    鳴子温泉は一度は行ってみたいと思っていました。
    今回がちょうど良い機会となり、訪れる楽しみができました。

    いつもの宿泊でおいしいご飯とおもてなしありがとうございます。

    こういう取り組みもあるのですね。

    僕の場合”支援”というよりは、単純に凄く居心地のよいお宿なので「また行きますよー」という意思表示をしたくて、って感じです。

    また、お伺いします。ご主人もお元気でいて下さいね。

    このサイトの事はラジオで知りました。
    御旅館の事はこのサイトで知りました。
    今まで東北には一度も行った事がないのですが、
    我が家の2歳と4歳の子供達がある程度大きくなったら、必ず家族で泊まりに行きます。必ず行きます。
    その時まで待っていて下さいね。宜しくお願いします。

    徳島から遠く離れた東北の被災地をどう応援したら良いのかもどかしい思いで過ごしていました。もう半年になりますね。これ迄の皆様のご苦労は私達に想像も出来ません。先ずは新聞の記事で種プロジェクトの企画は私達には参加できるかなと思いました。
    東北旅行はあちこち行きましたが宮城、福島へは行きたいと思いながらまだでしたので、ぜひ出掛けてみたいです。
    よろしくお願い致します。

    なかなかお邪魔する機会がなくて、すっかりご無沙汰しております。大好きなホールで、朝のコーヒーを飲む時に幸せな気分になります。
    また、お邪魔しますね。

    大好きな みやま おばあちゃんが作ってくれた蕗の煮物とイワナのから揚げ いままでで一番おいしかったよ。。。また かならず伺います 元気に待っていてください

    おはよう御座います
    うっかりして よその旅館に登録してしまいました。
     

    何時か泊りに行くことを楽しみにしています・

    過去に何度か宿泊したいと思って予約の電話を入
    れたことがあります。しかし、当時は休日が限ら
    れていたため実際に予約が取れたことはありませ
    んでした。
    いつも板垣さんと思われる方から申し訳ないと
    いうお詫びの言葉をいただいていたのが記憶に
    あります。
    今回はまさに宿泊した気分で予約をします。

    近々ぜひ泊まりに行きたいと思っています。
    よろしくお願いいたします。

    頑張ってください。応援しています!

    一年前に撒いた種…たった一粒の種でしたが、
    ちゃんと無事に葉や花になれたかな?
    …そんな気持ちとともに、来月お邪魔することにしました。

    来月ぽちさんと一緒にお邪魔します^^
    楽しみにしております。

    ご主人も奥様も、そしてご主人が案内して下さった鳴子こけしのお店の方も、皆さまが温かく迎えて下さいました。本当にありがとうございます。また会いに行きます。

    東北へ旅行をしようとずっと決めていました。阪神大震災のときもいくのをためらいましたが、行ってみて知るべきだと思ったからです。退職して、動けるようになりました。このような応援の形があるのかとうれしくなりました。夫と行こうと思います。

    コメントする

    このブログ記事について

    このページは、「種」プロジェクトが2011年4月20日 16:49に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「【福島】高湯温泉 旅館ひげの家」です。

    次のブログ記事は「【宮城】峩々温泉」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。