旅館の方へ

【ご登録の前にお読みください】

 

私たちサポーターは旅館を起点とした地域の復興を心より願っています。
サポーターの気持ちにどうか応え、いっしょに復興をがんばりましょう。

私たちサポーターの何よりの喜びは、応援している旅館や地域ががんばって復興していく様子を宿の方の声を通して知ることです。
近況などを随時、ページにてお知らせください。

サポーターの支援を受けることはサポーターに対して大きな責任が生まれます。
もし復興のお気持ちがない場合は、登録をご遠慮願います。

 

<サポーター前払証書について、下記をご了承ください>

  • お電話、公式サイト、じゃらん・楽天などのネットエージェントのいずれからの予約の場合でも、現地でお客様が現金で支払う宿泊料金についてこの「サポーター前払証書」は表書きの金額の金券として利用できるものです。
  • 前払証書はギフトとして他者へのプレゼントとしても利用可能のものです。
  • サポーター様から、入金がありましたらなるべく早くサポーター様へ証書をお送りください。遅くても2週間以内にサポーターの手に届くようにお願いします。
  • サポーター様から、入金がありましたら忘れずに「災害旅館支援プロジェクト」へメールまたはFAXにてご連絡ください。

(最終更新日2011年4月11日)

 

ご登録が完了しますと、「種プロジェクト」よりサポーター前払い証書の用紙が届きます。

shousho_h4.gif

 


bn_support01.gif

可能でしたら、自社公式サイトにこのバナーを貼ってください。リンク先は下記へ。

http://save-ryokan.net/



 

 「旅館サポーター制度」- 旅館登録はこちら >>

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://save-ryokan.net/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする

 

現在までの
サポーター数 のべ319人
サポート口数 442口

 

旅館・温泉宿を愛する方々へ

僕たちはこころに明かりが 灯るような体験を旅館や温泉宿からもらいました。 いまその灯りで宿を照らしたい。みんなの灯火をも ちよれば明るく照らし出せると思うのです。 お客を迎える旅館の、たくさんのたくさんの努力を、 僕らは目の当たりにしてきました。 その多くの努力が無になろうとしています。 長期にわたる旅館の2次災害は目に見えにくいのです。 でもそれは着実に旅館文化の灯火にを消そうとしています。 旅館に、いま起こっていることを知ってください。 宿で過ごしてきたすばらしい時間に感謝を込めて、 みなさんに呼びかけます、「宿をささえよう」と。

ブログ

復興の『 種 』
旅館復興サポータ制度『種』
Q&A

最近のブログ記事

わにぱぱ、福島へ行く
復興の『 種 』ブログ上
関西のケーブルテレビの「eo光ニュースK」
復興の『 種 』ブログ上
2年が経ちました。
復興の『 種 』ブログ上