img04.gif







活動完了のお知らせ


この活動に賛同し、サポーターとなってくださった皆様
よい旅できましたでしょうか?
東北は、どんな顔をしていましたか?

昨晩から、ゆっくりと皆さんからのコメントを読み返しています。
登録してくださった319人のサポーター様のの
愛あるアクションと優しいコメントに改めて心打たれています。

「かならず泊まりに行くよ」のみなさんからのメッセージは、
種となって被災地にとどき、これから先、なんども何度も
きれいな花を咲かせるに違いありません。

お宿の方からのコメントを聞きたいかもしれません。
おそらくみなさんに感謝の気持ちをお話してくれるとおもいます。
でも連絡はしないでおきます。
ぼくらはお礼を言ってもらいたくてサポーターになったわけではありません。
被災地になんの力にもなれないもどかしさ、無力感のなかで、
せめて自分たちにできる何か、「顔の見える支援」を・・・と。
いえいえ、支援という言葉はふさわしくありませんね、泊りにいくという楽しいことのために
お金を少し早めに払っただけなのですから。

被災地には「忘れられるのが怖い」と話す方がいるそうです。
「被災地として忘れない」ということももちろんですが
それ以上に「愛しい場所」として、その景色を、湯を、味を、うたうような東北訛りを
いつでも身近に感じ、いつでも会いに行くことも大切だとおもいます。
どうぞ、これからも、東北に訪れて、絆を育んでほしいというのが事務局の私の願いです。

この活動は今日でいったん一区切り。
でも皆さんの心に生まれた東北への思いは永遠です。
どうぞ素敵な旅を続けてください。



最後になって恐縮ですが、
復興プロジェクトという、いかがわしさの付きまとうであろう取り組みに、
リスクだけを負って賛同しコメントを寄せてくださった
関西国際大学人間科学部准教授 井門 隆夫さん、
雑誌『自遊人』編集長 岩佐十良さん、
温泉ビューティー研究家 石井宏子さんには
感謝の言葉がみつかりません。



尚、本日を持ってサポーター証書は効力を失い、前払いした料金はお宿への寄付となります。
またあるお宿からは「期限をつけづにいつでもどうぞ」とのお申し出を頂いていますので、続報をお待ちください。



約3年間ありがとうございます。
感謝、感謝、感謝。
またどこかのお宿でお会いしましょう。

『旅館サポーター制度 種たね』
事務局 丹羽尚彦
http://save-ryokan.net/






時間をもてあましてどうしようもない方は、つづきもどうぞ。

3年前の今日、たくさんの方がこの世を卒業していきました。
時々思い出して、その方々の人生に思いをめぐらせることも、一つの鎮魂だとおもいます。
彼の地でどんな人生を生きていたのか、何に幸せを感じていたのか、
彼らの誇りは何だったか、果たせなかった夢はなんだったか・・・
そして生かされた自分たちが、今日を、いまこの瞬間を大事に、笑って、幸せを感じて
生きることもまた、卒業していった方々の願いなのかもしれません。
私たちは後を任されました、力強く復興の旗をなびかせましょう。

本当に本当にありがとうございます。

お知らせ

過去のお知らせはこちらで >>

旅館は地域復興の旗印

【宮城】気仙沼 気仙沼ホテル

- ホテル全壊のため休業中 -

現在のサポーター数 56人


【福島】柳津温泉 瀞流の宿 かわち

- 通常営業でがんばってます! -

現在のサポーター数 2人

【福島】猪苗代 CANINE HILLS (ケーナインヒルズ)

- 通常営業でがんばってます! -

現在のサポーター数 7人

【福島】いわき湯本温泉 旅館こいと

- 通常とは異なる営業でがんばってます! -

現在のサポーター数 7人

【宮城】遠刈田温泉 ペンションたんぽぽ

- 通常営業でがんばってます! -

現在のサポーター数 2人

【宮城】峠の湯 追分温泉

- 通常営業を再開しました! -

現在のサポーター数 68人

【福島】須賀川温泉 おとぎの宿 米屋

- 通常営業でがんばってます! -

現在のサポーター数 28人

【福島】ホテル洗心亭

- 通常営業でがんばってます! -

現在のサポーター数 10人

【宮城】峩々温泉

- 通常営業でがんばってます! -

現在のサポーター数 35人

【宮城】鳴子温泉郷 川渡温泉 山ふところの宿みやま

- 通常営業でがんばってます! -

現在のサポーター数 36人

【福島】高湯温泉 ひげの家

- 通常営業でがんばってます! -

現在のサポーター数 66人


 

 

 

旅館サポーター制度 種たねとは

新芽01.jpg
一口5,000 円から自分の好きな旅館のサポーターになり、
「泊まりに行きますよ。」の応援メッセージとともに、将来の宿泊料金の
一部を前払いする、旅館を出発点とした地域復興支援です。
自分の好きな宿に泊まりに行くことは、その宿を応援するにとどまらず、
地域復興に寄与できます。旅館が" 消費の起点" になるのです。
被災地を訪れましょう。被災地から買いましょう。
被災地に仕事の種を蒔きましょう。
そこからたくさんの人に復興の種が小分けされます。
これは、私たち「客」と「宿」との「絆」を深め、
世界に誇れる日本の旅館文化を育むプロジェクトです。





img05.gif


サポーターのミッション

  • 震災の影響や原発の被害を受けた旅館を全国から支援する。
    (設備へのダメージ、宿泊者減・キャンセル、休業など)

  • 旅館による被災者支援活や復興活動にエールを送る。
    (サポーターになる・周知する)

  • 泊まりに行くことで被災地に仕事(経済的復興)の種を蒔く。

  • 単なる客と宿の関係から一歩踏み込んで、世界に誇るべき旅館という文化を、ともに育み前進させる。

応援のメッセージが届きました!

171_l.gif

井門 隆夫 (いかど たかお)

(株式会社井門観光研究所代表取締役/関西国際大学人間科学部准教授/All About 「旅館」ガイド)

温泉ファンが今すぐできること。
実際に泊まりにいってあげるのが一番ですが、
今すぐ行けないという場合、とても興味深い仕組みです。
自家発行型前払い証票という仕組み・・・

全文を読む>>

ishii.jpg

岩佐十良(いわさとおる)

(雑誌『自遊人』編集長)

「種」は単純明快な前払いシステムであるのと同時に、もうひとつの目的があると私は感じました。それは、私たち「客」と「宿」との「絆」を深めること。とくに今後、非常に厳しい事態が予測される福島や北関東の宿をどう支援していくのか・・・

全文を読む>>

ishii.jpg

温泉ビューティー研究家 石井宏子

(温泉トラベルデザイン研究所代表/温泉ビューティ研究家)

人と人の縁と絆ってあったかい。
なんとか、今すぐお宿へ支援を繋げたい。そんな思いを丹羽さんと何度も何度も熱く語り合いました。
できるだけ"シンプル"に。できるだけ"さりげなく"。
できるだけ永続きできる、宿と旅館ファンを繋ぐ方法は?・・・

全文を読む>>

お手伝いのお願い。

  • 支援したい宿が載っていない場合は、「旅館サポーター制度」のことをサポーター様から旅館へご連絡してみてください。また、私どもにもその旅館のことを教えてください。info◎save-ryokan.net (◎は@に変換して送りください。事務局:丹羽宛)
  • ブログやホームページをお持ちの方で、このサイトへリンクしいてくださる方は、下記のバナーをダウンロードしてお使いください。

bn_support02.gif

 

bn_support03.gif



種プロジェクトへの思い

DSC_2653.jpg多くの人の命と平穏な生活を奪ってしまった、東日本大震災。

地震から2~3週間位して、お付き合いのある宿のいくつかに電話してみると、幸いにしてと言えばいいか、そのなかに大きな被害のある宿はありませんでした。まぁそれでも100万単位の修繕費がかかる話ばかりでしたが。でもそんなことより、ダメージだったのは電話が開通したとたん、かかってくる電話はほぼ間違いなくキャンセルの電話だったこと。無理もありません。キャンセルした方の中には「いま避難所生活なので・・・」という方もいらっしゃいますし、度重なる余震の中で「自分の家が揺れてるのに旅行どころじゃないよ」と言う気分は当然です。東北全域の多くの旅館の予約帳はGWも含めいったんきれいに白紙になったと聞きます。地震から1ヶ月くらい経つと予約も少しずつ入るようになったらしいけど、揺れの大きい余震の度に、あっという間に一斉キャンセル。その繰り返しだったらしいです。宿側にとっては、設備の被害は考えようによってはどうにかなること。でもお客さんがこない、という状況がなにより辛い。僕の知り合いの宿も設備の被害はたいしたこと無くても、3件が事実上廃業状態。いまだ営業を再開できない宿も2件あります。建物の大きな被害はメディアにも繰り返しとりあげられて、一般の方の印象にも強く残るのですが、泊り客がいないという状況は宿にとってボディーブローで本当にキツイ。そしてその来ない原因は地域や時間の経過で変わっています。いまはやはり原発被害が深刻ですね。

そんなキツイ状態にもかかわらず避難所に温泉をデリバリーしたり、お風呂に入れない方たちに温泉を開放したり、炊き出しをしたりと被災者支援にがんばっている宿が少なくありませんでした。これを一時だけの美談ではなく、長期的にそういう宿を支援する仕組みもつくりたい。全国の客がそういう宿をサポートすることで、安心して宿が被災地の支援活動に精を出せる、そうすれば全国にいる人々が間接的に復興支援に参加できると思ったのです。


震災から4ヶ月が経ち、このサポーター制度は次の段階にはいる必要があるのかなと感じています。いままでは「旅館を直接支援する」が必要だったけどこれからは「旅館を起点にした地域復興」つまり、旅館を出発点とした地域復興活動にしたいと思っています。旅館と言うのは、そこを基点にたくさんの地元産業とつながっています。泊り客が増えれば従業員に仕事が生まれ、農家の方は野菜を出荷に汗して、地酒が呑まれ、お土産が買われ、クリーニング屋さんには蒸気が充満し、昼時には食堂に注文の声と食器の音が飛び交い、カフェには人が憩い・・・。地域にお金が落ちる流れは地域復興の確かな足がかりです。たくさんの人に仕事の種が小分けされます。その様子がブログなどのネットで発信されると、そこからまたたくさんの人の旅心を刺激するに違いありません。自分の好きな宿を応援し、泊まりに行くというのは、その宿だけを応援するにとどまらず地域復興に寄与できるのです。瓦礫を撤去する作業は体力的に難しくても、お客は「泊まる・楽しむ」自分の得意な方法で復興に参加できます。きっとその旅は自分の人生においての特別な時間になるはず。
ですから種プロジェクト自体の仕組みはいままでと何にも変わりません。ただ旅館側の意識として「支援を受ける」気持ちから、「地域復興に一肌脱ぐ」という気持ちで参加してほしい。旅館のほうもきっと前向きになれるでしょうし、きっと喜んで参加してくれるハズ。



「地域復興のために何かしたい」そのサポーターさんたちの思いを表現し、被災地に届けられる場所にしたい。
雑誌『自遊人』の岩佐さんの言葉を借りれば、『私たち「客」と「宿」との「絆」を深める。』その延長上に旅館もお客もが地域復興に知らずに一肌ぬいでいる。それは日本の旅館文化の前進ともいえます。そうなればいいな。




被災地に、仕事の種まきを。

 


「旅館復興サポーター」の募集

img03.gif

 
  • 支援金は支援したい旅館の口座に直接入金していただきます(振込手数料はサポーター負担)
  • 「前払い証書」の有効期限は平成26年3月11日までです。それまでにご宿泊にお出かけください。
  • 何らかの事情でご宿泊できなかった場合は、サポーター登録した宿への全額寄付となります。
  • サポーター登録した宿が残念ながら廃業や営業譲渡した場合、「前払い証書」はその時点で失効となります。このリスクを熟考した上でサポーター登録をしてください。
 

 

 

supporter01.gif

詳しく見る>>

 

 

サポーターのあなたが貢献できること

  1. 資金面で旅館を支える
    たとえお客さんが0人でも、休業にしていても旅館には出費が少なくありません。建物や設備についての毎月の支払、そして大切な大切な従業員への給料。旅館は被災者である彼ら従業員とその家族の生活を支えなければなりません。ですから私たちは資金面で旅館を支えることが先決なのです。

  2. こころの面で旅館を支える
    ある宿のサポーターになると、その名前(ニックネーム)がその宿のリストに載ります。旅館にとっては「近い将来に自分の宿に泊まりに来てくれる人達」のリストです。復興を心待ちにしている人々がいることの証です。「これはお金以上に気持ちを支えます(ある旅館のご主人談)」。
    「近い将来必ず泊まりに行くよ。」その意思を目に見える形にして伝えましょう。気持ちが折れないことが何より大切です。

  3. 「炊き出し」「お風呂開放」など、被災者を助けている旅館の活動を世に広め、応援する。
    自分たちも被災者、2次被災者でありながら「炊き出し」「お風呂の開放」「被災者の受け入れ」など被災者のこころを救うための活動をしている旅館があります。自分たちは実際に現地へ行くことが出来なくても、その旅館を支援することによって、間接的ではありますが思いを被災者のみなさんに届けることができます。では具体的にどうするのか?いい活動をしている旅館の情報を広めて株を上げるのです。

 

【それ以外にも】

この活動は完全なボランティアとして行います。みなさんの力も借りたいです。

  1. この活動をたくさんの人に知ってもらうことで、旅館および被災地に貢献できます
  2. 翻訳のできるかた、ご一報ください。海外にも広く支援を募る際にお力を借りたいと思います。
  3. カメラマンのかたは、旅館の人の笑顔を伝えることによって貢献できます。写真をお送りください。

info◎save-ryokan.net (◎は@に変えてメールしてください)
事務局 丹羽(ニワ)

 


 

現在までの
サポーター数 のべ319人
サポート口数 442口

 

旅館・温泉宿を愛する方々へ

僕たちはこころに明かりが 灯るような体験を旅館や温泉宿からもらいました。 いまその灯りで宿を照らしたい。みんなの灯火をも ちよれば明るく照らし出せると思うのです。 お客を迎える旅館の、たくさんのたくさんの努力を、 僕らは目の当たりにしてきました。 その多くの努力が無になろうとしています。 長期にわたる旅館の2次災害は目に見えにくいのです。 でもそれは着実に旅館文化の灯火にを消そうとしています。 旅館に、いま起こっていることを知ってください。 宿で過ごしてきたすばらしい時間に感謝を込めて、 みなさんに呼びかけます、「宿をささえよう」と。

ブログ

復興の『 種 』
旅館復興サポータ制度『種』
Q&A

最近のブログ記事

追分温泉と鳴子温泉の旅
追分温泉も鳴子温泉も両方とも行ってきまし…
復興の『 種 』ブログ上
わにぱぱ、福島へ行く
以前より、サポーター登録していた福島県の…
復興の『 種 』ブログ上
関西のケーブルテレビの「eo光ニュースK」
種プロジェクトと追分温泉のことが関西のケ…
復興の『 種 』ブログ上